そもそも慢性疲労って何なの?

『今、疲れていますか?

』あなたはこう聞かれたらどう答えますか?

恐らくこういった質問に対して、『疲れていない』と答える方はほとんど居ないかと思います。

それくらい、人間というのは日常的に疲れを感じている生き物なのだそうです。

そんな疲れが6ヶ月以上継続的に現れている状態が、慢性疲労だそうです。

ですから、ほとんどの方が慢性疲労を持っているということになりそうですね。

では、実際に身体のどの部分が疲れることによって慢性疲労が引き起こるかご存知でしょうか?

実は、その原因の大半が『肝臓』に負担をかけることによって引き起こされると言われているんだそうです。

非常に意外ですよね。

では、その肝臓はどのような働きをしているのでしょうか?

調べてみると、肝臓というのは非常に多くの役割を果たしている臓器なのですが、その中でも特に、アルコールの分解をする場所として有名な臓器だそうです。

ですので、子どもではなくアルコールを摂取する機会の多い大人の方が、必然的に慢性疲労陥りやすいということになるのですね。

では、慢性疲労の原因となってしまう『肝臓への負担』は、アルコールの摂りすぎ以外に、どのような事をしてしまうと引き起こるのでしょうか?

まず、一つ目に言えるのが、『食べ過ぎ』だそうです。

基本的に、食べ物を分解して、それらの物質を栄養素に変えた後に、その栄養素を身体に蓄えて、必要に応じて排出していくのが肝臓の仕事だそうです。

なので、食べる量が多くなれば多くなるほど、胃腸から分解された物質が肝臓に届くことになってしまうので、食べれば食べるほど働かなくてはならなくなり、負担をかけてしまう事になります。

そしてもう一つ、慢性疲労の原因となるのが、睡眠不足です。

肝臓はエネルギーを全身に送る役悪を果たしているので、必然的に起きている時間が長くなると、肝臓の働く時間が長くなってしまうので、それも負担をかけることになってしまいます。

さらに、送り出したエネルギーを全身が使うことによって残る不要な物質の処理も、肝臓が行っているんだそうです。

そんな肝臓は1日に最低でも3時間は休息時間が必要らしいので、睡眠不足は、慢性疲労を引き起こしてしまう一番の原因と言われているようです。

慢性疲労について、様々な原因や対策を学ぶことができるサイトがこちらになります。

慢性疲労の対策方法

Comments are closed.